安い医学部予備校を探す方法

一般的な予備校と医学部予備校の最大の違いは学費が高い傾向にある

医学部受験を考えている身としては、しっかり受験に向けてカリキュラムを組んでくれる予備校に通いたいと思っており、色々な情報を考えた上で医学部予備校に入ることを決意しました。
ただ一般的な予備校と医学部予備校の最大の違いは学費が高い傾向にあることです。
そこまで高額な学費を出すことは難しいと考えていたので、少しでも安い費用で入ることが出来る医学部予備校を探す方法として、色々情報を探すことにしました。
予備校といっても調べていくと全国展開をしている大手から地域密着型まで幅広く、自分に適した環境で勉強を行えるところを選ぶためにも色々な情報を集めることにしました。
同時に学費相場を比較するためにも家庭教師と大手予備校とも並行して相場を調べていくことにします。
まず医学部予備校でかかる学費の相場を調べていくとわかったのが、集団指導とマンツーマンの個別指導では前者の方が格段に費用が安いです。
集団指導は授業を多くの生徒が受けるスタイルなのですが、学費相場は2,349,500円と一般的な予備校と比較してもかなり高かったので驚きました。
最初は医学部というだけでこれだけ費用が異なるのかと驚きましたが、高額な学費の大半が医学部受験に精通しているプロ講師の人件費であり、勉強する環境も他の予備校と比べても圧倒的に違いがあったので、集中して勉強が行える環境と受験界最高峰の講師の授業を受けられるメリットが関係していると納得しました。
一般的な予備校ではアルバイト講師が授業を行っていることも少なくないので、勉強環境に一部妥協している場合も少なくありません。
そのため本気で医学部受験を目指すという場合には、講師の質も関わってくるのだと実感しました。

学費の安い医学部受験予備校

東京や大阪など、全国で学費が安い医学部予備校、塾、家庭教師を一挙にご紹介💵

学費を抑える方法や、注意すべきポイントも要チェック✨https://t.co/8awSNofGwY #医学部 #医学部受験 #医学部予備校プロ

— 医学部予備校プロ (@yobikoupuro) December 15, 2019

一般的な予備校と医学部予備校の最大の違いは学費が高い傾向にある次に調べたのがマンツーマンの個別指導の方法家庭教師を雇った場合の学費の相場と比較した

医学部予備校ナビ / 医学部予備校ガイド