安い医学部予備校を探す方法

次に調べたのがマンツーマンの個別指導の方法

一般的な予備校と医学部予備校の最大の違いは学費が高い傾向にある次に調べたのがマンツーマンの個別指導の方法家庭教師を雇った場合の学費の相場と比較した

次に調べたのがマンツーマンの個別指導の方法です。
集団でプロ講師の授業を受ける方法とは異なり、一時間あたりの授業料が12,398円とかなり高額となっていますが、これは医学部受験を考えている生徒にとっては一般的な指導スタイルとなっています。
医学部受験に精通した講師をマンツーマンで雇うためにはこれだけの費用がかかるのは当たり前であり、1日3コマ、1コマ90分の授業を1週間ほど受講することになると、12,398×90分×3コマ×5日間×4週間で月額で1,115,820円の受講料がかかることがわかりました。
一般的に受験対策にとられる期間は10ヶ月目安で構築されるため、これを10ヶ月続けると予備校の入会費などを含めて年間で12,000,000円程度の費用が発生するため、マンツーマン指導での受講は勉強を行う上で非常に魅力的ですが、費用の面で非常に厳しいことがわかったので断念しました。
しかし今回色々な予備校を調べていくにあたって、マンツーマンの個別指導は高額な費用がかかる反面、生徒一人一人に対する厚いフォローが受けられるので医学部受験において合格率が集団指導と比較しても多様高くなっていることがわかっています。
自分が住んでいる地域には存在しなかったので、情報を詳しくチェックしなかったのですが地域によっては全寮制タイプの予備校を開校している場所もありました。
調べた場所は医学部コースは年間845,000円で、これだけの金額を見ると比較的安価だと感じたのですが、この金額は入寮費は含んでいないため別途で生活費などが加算されるとなるとかなり高額な費用が発生するとわかりました。