安い医学部予備校を探す方法

家庭教師を雇った場合の学費の相場と比較した

一般的な予備校と医学部予備校の最大の違いは学費が高い傾向にある次に調べたのがマンツーマンの個別指導の方法家庭教師を雇った場合の学費の相場と比較した

しかし寮で生活しながらしっかり勉強が行える環境が整っていることもあり、集中して勉強を行いたいという学生にとっては理想的な環境だと感じました。
予備校費用を調べる上で相場比較としてチェックしたのが、家庭教師を雇った場合の学費の相場です。
もちろん一般的な家庭教師とは違って医学部受験に精通した講師に依頼する必要があるので高額になることがわかります。
ただ医学部受験を専門にした家庭教師派遣会社では、一時間あたりの価格や入会費なども公開している場所は多く、講師の方によって授業料が大きく違うということが判断できました。
この情報から通常の家庭教師の学費よりも高く設定されている可能性が高く、少しでも安く抑えたいと思っている自分にとっては厳しい選択だと判断しました。
今まで医学部予備校を色々チェックしてきてわかったのは、数多くある学習スタイルの中でも一番安く授業を受けることが出来るのは集団授業を行っている場所であり、通常の予備校よりも費用が高くなる傾向にあることです。
更に注意すべきなのが、通常期の授業に加えて夏期講習や冬期講習などを別途取る必要が出てくるので、年間の学費に季節講習台が含まれていない場合には、季節講習代がいくらなのかもチェックすべきだと感じました。
実際に調べた場所は夏期講習は400,000円で、冬期講習と直前講習には150,000円から300,000円程度かかることがわかったので、学費比較をする際に重要なポイントだと実感しました。